エターナルズ

【レビュー】映画「エターナルズ」見どころをご紹介します。

エターナルズレビュー

リンスカ
エターナルズは今までのマーベル映画とはちょっと違うね!
そうだな、他のヒーローとの絡みもなさそうだな!
ロケット

 

本記事の内容

・映画「エターナルズ」を観たレビューをご紹介します

 

マーベル映画シリーズの新たな柱となりそうな、映画「エターナルズ」を観た感想をご紹介します。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界が舞台となる本作、アベンジャーズとはまた違った脅威と戦ってきたエターナルズ。世界観は同じですが、今までのマーベル映画とはちょっと違った魅力が詰まっていますので、そのあたりをご紹介したいと思います。

 

 

「エターナルズ」レビュー【マーベルと一線を画す作品】

セリスとイカリス

ポイント

・今までのマーベルシリーズにはなかったような男女の恋愛模様も描かれる

エターナルズは人類を守る存在ですが、それは「ディヴィアンツ」に対してだけなので全ての脅威から人類を守る「アベンジャーズ」とはちょっと違ったヒーローとなっています。

さらにいうならばヒーローというより、神に近い存在なので「アベンジャーズ」とは別次元の話という感じです。

なので従来の「アベンジャーズ」シリーズで登場したヒーロー達との今後絡みがあるのかどうか、疑問が残ります。

もしかしたらこのまま「アベンジャーズ」との絡みがなく、独自のシリーズを形成するかもしれません。

それはそれでちゃんと成り立ちそうな期待もあります。

また、今までのマーベルシリーズにはなかったような男女の恋愛模様も描かれます。

特にイカリスとセルシが愛し合うシーンはマーベル映画では未だかつてない描写となっており、このシーンがあるからこそ、2人により感情移入しやすくなります。

今までのマーベル映画でもトニーとペッパー・ポッツ、ソーとジェーン・フォスターのように恋愛模様は描かれますが、今回のイカリスとセルシのような直接的な愛し合う描写はありませんでした。

マーベル映画の見どころと言えばアクションシーンですが、そこをちゃんと抑えつつ恋愛模様にもスポットをあてた本作という事で、今までとは違うマーベル映画となっています。

 

「エターナルズ」レビュー【多様性】

マッカリとファストス

ポイント

・史上初の聴覚障害を持つヒーローのマッカリと同性愛者のヒーローのファストスの登場

映画「エターナルズ」の見どころの一つに「多様性」があります。

今回注目したいのが、史上初の聴覚障害を持つヒーローのマッカリと同性愛者のヒーローのファストスです。

障がい者や同性愛者という今まで大々的にスポットが当たらなかった人達を今人気絶頂のマーベルの映画に登場させたことがとても意味があると思います。

今まで障がい者や同性愛者について関心がなく、自分とは無関係の世界だと思い込んでいる人達にこのような形で提示する事ができ、多様性を認めるということがもはや別世界の話ではなく、確実に目の前に来ているという事を気づかせてくれる作品です。

ファストスが最後の戦いに向かう時にパートナーとキスをするシーンはまさしく新しい時代の到来を感じました。

これからはこういうシーンがごく普通になっていくのかもしれません。

 

「エターナルズ」レビュー【人間ドラマ】

イカリスとセルシとスプライト

ポイント

・遠い神々のような存在にはならずに身近な存在として感じられる

「エターナルズ」は映画を見終わった後にじわじわと良さが込み上げてきて、また観たいと思わせる作品です。

人類をディヴィアンツから守るエターナルズは超人達なので神々のような存在なのですが、その素顔は多種多様で、実に人間味溢れています。

恋愛もするし嫉妬もします。

セルシはイカリスと何千年も付き合っていましたが破局を迎えますし、スプライトはそんな2人に嫉妬していました。

さらにスプライトは何千年も見た目が子供のままなので「いつか大人になって自分も恋愛したい」という願望を持っています。

このように各々に人間味溢れる部分があるからこそエターナルズが遠い神々のような存在にはならずに実に身近な存在として感じられるのだと思います。

各々が悩み、傷つき、葛藤する姿を見せてくれるので、とても愛おしい存在になり、映画を見終わったあとにじわじわと良さが込み上げてきて、またエターナルズのメンバーに会いたくなります。

 

「エターナルズ」レビュー【まとめ

イカリスとセルシとスプライトとマッカリとファストス

ポイント

・今までのマーベルシリーズにはなかったような男女の恋愛模様も描かれる

・史上初の聴覚障害を持つヒーローのマッカリと同性愛者のヒーローのファストスの登場

・遠い神々のような存在にはならずに身近な存在として感じられる

映画「エターナルズ」はマーベルのヒーロー映画なのですが、これまでのマーベル映画よりも、より人間味溢れるものとなっています。

マーベルのヒーローと言えば完ぺきではなく、弱さも持ち合わせているのが特徴ですが、今回のエターナルズのヒーロー達はよりその弱さの部分がクローズアップされていると感じました。

能力的には神々のような存在で完璧なのですが、その反面で内面的には悩んだり苦しんだりします。しかもその悩みが実に人間的なので共感を得ます。

このように能力と内面のギャップがあるからこそエターナルズがより身近な存在として感じられ、魅力あるキャラクター達になっています。

映画「エターナルズ」まだ見ていないという方は是非ともご覧ください。

-エターナルズ

Copyright© リンスカのマーベル日和 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.