ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ、敵「シュマゴラス」(ガルガンドス)ついに登場!

ドクター・ストレンジ シュマゴラス

リンスカ
ゲームでおなじみのシュマゴラスが遂に実写映画に登場だね!
だなっ!ゲームに登場した時は誰も知らなかったんだよな!
ロケット

 

本記事の内容

・2022年5月公開の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する敵、シュマゴラス(ガルガンドス)について原作コミックでの能力、背景などをご紹介します。

 

2022年5月公開の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する敵、シュマゴラス(ガルガンドス)についてご紹介します。

当ブログでは名前を「シュマゴラス」と表記していますが本来の映画の設定では「ガルガンドス」という事です。姿かたちはシュマゴラスと一緒ですが名前使用の権利の問題でシュマゴラスという名前が使えないという事らしいです。

ですが、私ような1990年代にカプコンの対戦格闘ゲーム「マーブル・スーパーヒーローズ」(1995)に熱狂した者にとっては紛れもなくシュマゴラスなので、当ブログではガルガンドスではなく、あくまでシュマゴラスと呼ばせていただきます。

ガルガンドスというのは姿かたちはシュマゴラスと同じで「サブマリナー」というコミックに2回しか登場していないキャラクターだという事です。シュマゴラスもガルガンドスもどちらもマイナーなキャラクターです。

 

 

シュマゴラス【プロフィール】

シュマゴラス

ポイント

本名:シュマゴラス

出身地:彼の本来の次元

身長:可変

体重:可変

シュマゴラスは自分だけの次元「カオス・ディメンション」に住んでいます。

オールド・ワンという種族の一人でその古代種族は意のままに複数の次元を支配することができます。

何百年も前に地球を支配し、人間たちを食べていた種族です。

 

シュマゴラス【能力】

シュマゴラス

ポイント

・エネルギーブラスト

・変形

・テレパシー

・エネルギー吸収

シュマゴラスは複数の触手を持ち、弾性がある鎧のような皮膚をしています。

数限りない次元から力を得ているため力の上限がありません。

シュマゴラスが地球にやってくるのは身体のほんの一部分のみであり、元の次元「カオス・ディメンション」ではそれよりもはるかに大きい体をしています。

「カオス・ディメンション」では全能の存在なので、シュマゴラスを完全に打ち倒すことは不可能です。

 

シュマゴラス【ゲームでの登場】

マーブル・スーパーヒーローズ

ポイント

・カプコンの対戦格闘ゲーム「マーブル・スーパーヒーローズ」(1995)に初登場

・とてもマイナーなキャラクターだったため、マーベルの担当者も存在を知らなかった

シュマゴラスの知名度が日本で一気に上がった出来事と言えば、アーケードゲームに登場したことです。

初登場のゲームはカプコンの対戦格闘ゲーム「マーブル・スーパーヒーローズ」(1995)です。

スパイダーマンや、ウルヴァリンなどのキャラクターと一緒に登場しました。

ですが当時はシュマゴラスを知る人は誰もいませんでした。姿がタコの様で面白く、セリフも「でしゅましゅ調」で愛嬌のある喋り方だったので、誰しもなんとなく使用して戦っていました。

原作コミックでも数回しか登場しないとてもマイナーなキャラクターでした。

カプコン側がマーベル側にキャラクター使用の交渉をしたところマーベルの担当者もシュマゴラスの存在を知らなかったという事です。

今回の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」での登場は1990年代にアーケードゲームに熱狂した人達にとっては念願の登場です。

もっと詳しく
「マーヴル・スーパーヒーローズ」カプコン2D対戦格闘ゲームのレビュー

 

シュマゴラス(ゲーム内での必殺技)

シュマゴラスの「マーブル・スーパーヒーローズ」(1995)内での必殺技をご紹介します。

当時のゲーム内でのシュマゴラスの身体の色はピンク色でした。2Pカラーと呼ばれる別バージョンは緑色となっています。

誰も知らないキャラクターだっただけに、当時のピンク色には何の違和感もなく、とてもしっくり来ていました。

シュマゴラスの身体の色は、今となっては緑色が主流となっています。

 

生命力吸収(投げ間合いで→or←+中Kor強K)

生命力吸収

触手で相手の身体をつかみ、エネルギーを吸収します。

 

ミスティックスマッシュ(← タメ→+K)

ミスティックスマッシュ

身体から無数のトゲを出し、身体を丸くして相手に飛んでいきます。

 

ミスティックステア(← タメ→+P)

ミスティックステア

無数の目玉を相手に飛ばします、相手にくっついた目玉は一定時間たつと爆発します。

 

ディバイタリゼーション(投げ間合いで→↘↓↙←+K)

ディバイタリゼーション

相手をつかみ高く持ち上げてから地面に叩きつけます。

 

カオスディメンション(↓↘→+PPP後、基本投げ)

カオスディメンション

相手をつかんだ後に体の中に取り込み、その後回転してカオスディメンションへ連れ去ります。

相手が落下後にシュマゴラス自身は異空間から丸い扉を開いて戻ります。

 

 

シュマゴラス【まとめ】

ドクター・ストレンジ、シュマゴラス

ポイント

・映画の設定では「シュマゴラス」ではなく「ガルガンドス」

自分だけの次元「カオス・ディメンション」に住んでいる、オールド・ワンという種族の一人

・数限りない次元から力を得ているため力の上限がない

・カプコンの対戦格闘ゲーム「マーブル・スーパーヒーローズ」(1995)に初登場

シュマゴラスは原作コミックではマイナーなキャラクターですが、日本では1990年代にアーケードゲームに登場したことで、ゲームファンの間ではとても馴染みのあるキャラクターです。

そんなシュマゴラスがゲーム初登場の1995年から約20年の歳月を経て実写映画に登場というのは、ファンにとってはとてもうれしいことです。

映画館の大画面でシュマゴラスがどのように暴れまわってくれるのか楽しみです。

 

-ドクター・ストレンジ

Copyright© リンスカのマーベル日和 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.