キャプテン・アメリカ

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。全6話、吹き替えが溝端淳平さんじゃなくて残念!

ファルコン&ウィンターソルジャー
リンスカ
キャプテンを継ぐのはそう簡単じゃないよね!
だなっ、スティーブの偉大さが改めてわかるよな!
ロケット

 

本記事の内容

・動画配信サービス、ディズニー+で配信している「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のレビューをご報告します

 

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は「アベンジャーズ/エンドゲーム」後、スティーブから託された盾をサムがどう受け継ぐかと言うお話です。

お馴染みのファルコンやウィンター・ソルジャーの活躍が見られる事はもちろん、新たなキャラクターも登場し、今後のマーベル・シネマティック・ユニバースに繋がる重要な作品となっています。

 

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第1話

サムのイラスト

ポイント

・ド派手な空中戦

・ファルコン、ウィンター・ソルジャーどちらも辛い人生

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第1話。

のっけからド派手な空中戦が展開されます。

ファルコンが空を飛ぶシーンやアクションシーンにスピード感があり見応えありです。

ウィンター・ソルジャーもかつて洗脳されて暗殺者だった頃の姿が見られスタイリッシュな暗殺シーンと恐怖が蘇ります。

 

「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界が舞台なので、キャプテン・アメリカがいなくなり戸惑うサム。

盾を譲り受けますが「自分には借り物みたいだ」とキャプテン・アメリカを引き継ぐ事を辞退します。

私生活でも問題を抱えており、姉の生活難を助けようと銀行に融資の相談に行きますが断られてしまいます。

華々しくファルコンとして世界を救う一方で、とても現実的な人生の悩みを抱えているという、そのギャップに見ているこっちも戸惑います。「アベンジャーズ/エンドゲーム」までは華々しい姿しか見えていなかったという事ですが、あえてみたくなかった一面とも思います。

 

ウィンター・ソルジャーは未だに過去の記憶に苦しめられています。

そんな中、仲良くなった老人がいるのですが、実はその老人の息子を殺したのが自分だったという事がわかります。

「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」を彷彿とさせるこの展開。バッキーが背負っているこの運命に同情してもしきれません。

ですが、たまたま仲良くなった老人の息子を殺したのが自分だったというのは、「そんな偶然ある?」と思わせますが、そこはそれだけ多くの人を暗殺していたんだなあという事にしましょう。

 

第一話のラストでは平和の象徴キャプテン・アメリカ不在の状況にたまりかねた大統領が新たなキャプテン・アメリカを登場させてしまいます。それを見たサムはうなだれます。

そんなサムの姿はまさに「こんな事ならオレが継げばよかった!」と言っている様です。

サムの日本語吹き替えが今まで担当していた溝端淳平さんじゃない事がショックです!徐々にサムの声としてマッチして来ていたのに、ここに来ての変更はファンとしてはとても残念です。

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第2話

バッキーのイラスト

ポイント

・ウィンター・ソルジャーのヴァブラニウム製の腕お披露目

・二代目キャプテンとは決別

・ジモ登場

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第2話。

第1話ではウィンター・ソルジャーの左腕がどうなっているのか写りませんでしたが、第2話では堂々のお披露目となりました。

「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」の時にワカンダで授かったヴァブラニウム製の腕が健在でした。

 

サムと久しぶりの再会もキャプテン・アメリカの盾を手放した事に対して納得がいかず、すぐに口論となります。

アクションシーンも長すぎず短すぎず、ちょうど良いです。ファルコンの羽を使ったアクションがスピード感があって爽快です。

サムもバッキーも二代目キャプテン・アメリカのジョン・ウォーカーの事を認められず、協力を求められるも断固拒否。

「二代目キャプテンも頑張ってるんだからそんなに拒まなくても」と思わせます。

 

またバッキーのみが知っている事実が明らかになります。

戦時中に黒人のヒーローがいたが存在をひた隠しにされていたという事です。

今回のドラマは人種差別にもフォーカスしているようで、今後サムがどのようにヒーローとして覚悟を決めるのか、注目が集まります。

ラストには「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」に登場した悪役のジモが登場します。

懐かしいキャラクターに出会えて、ますます今後の展開が気になります。

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第3話

ジモのイラスト

ポイント

・早速ジモ脱獄

・シャロン登場

・焦る二代目キャプテン

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第3話。

前回のラストに登場したジモが早速脱獄、超人血清の出どころを探すため協力してもらう事に。

しかもジモはもと王族だったという事で膨大な資金で調査を協力、個人ジェットも所有しているので移動方法が格段に上がりました。

さらにもとシールドのシャロン・カーターも登場、懐かしい顔ぶれにまた会えるのは嬉しい限りです。

 

サムやバッキーと同じく超人血清の出どころを探す二代目キャプテンですが、中々実績を出せずに焦りがでて捜査のやりかたも強引になってきます。

元祖キャプテン、スティーブ・ロジャースとはかけ離れた姿で、やはりキャプテンの座は務まらないなと思わされます。

ラストにはワカンダの人と思われる女性が登場。いったいどうなるのか、今後が気になります!

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第4話

ジョン・ウォーカーのイラスト

ポイント

・ドーラミラージュ登場

・やっちまったよ二代目キャプテン

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第4話。

中々結果を出せずにさらに焦る二代目キャプテン。

たまたま手に入れた超人血清をついついポケットへ。

ジモを捕まえる為に現れたドーラミラージュにコテンパにやられ自信喪失。焦りもかさなり、恐らく超人血清を打ったもよう。

超人血清は打つと単に強くなるのではなく、打った本人の本質が強化されます。

 

そんな中、二代目キャプテンはフラッグスマッシャーズとの戦いの中で親友が殺されてしまいます。

それを目の当たりにした二代目キャプテン、怒りに任せて大衆の面前でフラッグスマッシャーズのメンバーの1人を盾で殺してしまいます。

焦りと苛立ちで危険な雰囲気を醸し出していた二代目キャプテンですが、ここにきてついにやらかしてしまいました。

初代キャプテン・アメリカ、スティーブ・ロジャースとはかけ離れた人格の二代目キャプテンですが、いままで当然の様に見てきたスティーブの人格が改めて素晴らしい素質だったんだと気付かされます。

一体どうなる!?二代目キャプテン!

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第5話

キャプテン・アメリカの盾

ポイント

・血に染まった盾が痛ましい

・キャプテンを継ぐ事を決意したサム

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第5話。

ついにキャプテン・アメリカの盾で人を殺めてしまった二代目キャプテンのジョン・ウォーカー。

その姿を目の当たりにし、さすがのサムもウォーカーにはキャプテン・アメリカが務まらないと確信を持ちます。

結局力尽くで盾を奪う形となります。

盾を取り返したはいいが、盾を継ぐ事に葛藤します。

 

超人血清を打たれ、人体実験を繰り返された経験をもつ初代黒人ヒーローのイザイヤ。

黒人というだけで歴史の表舞台から存在を抹消されたイザイヤ、そんな彼の犠牲を無駄にしない為、ついにキャプテン・アメリカを継ぐ事を決意します。

サムが盾を使いこなす為にトレーニングするシーンが新鮮です。

いつもスティーブが盾を投げて跳ね返りを繰り返して手元に戻ってくる事に「都合が良すぎるだろ」と感じていましたが、影ではこのように投げる練習をしていたのだなと納得がいきました。

 

エンドロール後にウォーカーが自分で盾を造っているシーンには背筋がゾクっとしました。盾に執着するあまり、ついに自作してしまうというのは明らかに常軌を逸しています。

次回、キャプテンを継ぐ決意をしたサムと常軌を逸したウォーカーは一体どうなるのか、目が離せません!

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。第6話(最終話)

シャロン・カーターのイラスト

ポイント

・新生キャプテン・アメリカ誕生

・ウォーカーはU.Sエージェントへ

・シャロンが今後、何がやらかしそう

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の第6話(最終話)

盾を受け継ぎ、ワカンダ製の新コスチュームに身を包み新生キャプテン・アメリカとなったサムが始動します。

サムは超人血清を打っていない為、肉体的には一般の成人男性と同じです。

初代キャプテン・アメリカのスティーブに比べると体力的には劣りますが、そこを補ってあまりある自由自在に飛べる翼があります。

翼と盾がとてもマッチしていて、二代目キャプテンの名がしっくり来ます。これならスティーブの後を十分任せられると感じました。

 

常軌を逸したと思われたジョン・ウォーカーでしたが、そんな事はなく自家製の盾を使い頑張っていました。一時は復讐心に囚われそうになりますが、理性を保ち人々を助けていました。

そんな彼も謎の女性の手により、新たなヒーロー「U.Sエージェント」として生まれ変わります。衣装はキャプテン・アメリカと同じですが黒のスーツになっています。ジョン・ウォーカーは超人血清を打っているので今後の活躍に期待が集まります。

 

物語のラスト、シャロン・カーターは汚名を返上されて改めて政府の元で活動する事になりましたが、何やら不穏な動きをしているもよう。今後どのような形でマーベル・シネマティック・ユニバースに絡んでくるのか目が離せません!

 

【レビュー】ファルコン&ウィンター・ソルジャー感想。まとめ

サムとバッキーのイラスト

ポイント

・翼を駆使したアクションシーンが新鮮

・サムとバッキーの掛け合いが面白い

・新生キャプテン・アメリカの誕生

・今後のマーベル・シネマティック・ユニバースへの伏線も盛りだくさん

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」はキャプテン・アメリカの後をファルコンが継ぐまでの話となっています。

ドラマを見るまでは「ファルコンにキャプテン・アメリカの代わりが務まるのか?」と少し不安でしたがドラマを身進めるうちに「十分にキャプテンの後を任せられる!」と思うようになりました。

キャプテン・アメリカと言えばスティーブ・ロジャースと言う強烈なインパクトがあったのですが、サムのキャプテン・アメリカも期待大です!

翼を使っての機動力は抜群なので今までにないキャプテン・アメリカが見られると思います。

今までのシリーズではファルコンは主に空中戦がメインでしたが、今作では翼を使った地上戦も描かれているので新鮮です。

 

今回のドラマを通して感じたのは、サムが盾を受け継ぐというのは簡単なようで非常に難しい問題が絡んでいると言う事です。今までのシリーズではそこまで突っ込んで語られなかった人種の問題を取り上げているのが、今までにない要素だと思いました。

映画とは違い、派手なアクションシーンだけではなく、その裏で起こる人間の生活など、ドラマシリーズならではの一面が見られます。

今後のマーベル・シネマティック・ユニバースに登場するであろう「U.Sエージェント」やシャロン・カーターの動きも気になるので、マーベル好きには欠かすことの出来ないドラマとなっています。

全6話となっており、そこまで長くないのでまだ観ていない方は是非ともご覧下さい!

-キャプテン・アメリカ

Copyright© リンスカのマーベル日和 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.