スカーレット・ウィッチ

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。モニカ、ピエトロ、スカーレット・ウィッチ等、要注目キャラクターが続々登場!

ワンダヴィジョン
リンスカ
ワンダビジョンってどんな話なの?
1話見ただけでは謎が多い、奇想天外な話だな!
ロケット

 

本記事の内容

・動画配信サービス、ディズニー+で配信しているワンダビジョンのレビューをご報告します

 

「ワンダヴィジョン」は「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の物語という事ですが

なぜ破壊されたはずのヴィジョンが生きているのか?

なぜコメディドラマ風なのか?

という謎が多い内容となっています。

そこを1話ずつレビューしていきたいと思います。ネタバレ注意ですが参考にして下さい。

 

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第1話

ワンダヴィジョン第1話

ポイント

・コメディの中に不意に挿入される不穏な空気のギャップにゾッとする

「アベンジャーズ/エンドゲーム」以降の世界という事ですが、物語は突然始まります。なぜビジョンが生きているのかという説明は一切ありません。

しかもコテコテのコメディドラマ風で要所要所で観客の笑い声が入ったりするので、思いっきりスタジオで収録したドラマという感じで物語は進みます。

この段階では作品の全貌は全く分かりませんが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で破壊されたビジョンにもう一度会えるのは嬉しいです。

そんなこんなで今まで見たこともないようなくだけたビジョンによる破茶滅茶な展開で進むのですが、突然不穏な空気が流れます。

今のは一体なんだったのか、と思う暇もないぐらいにまた元のコメディタッチなドラマに戻ります。

このコメディとシリアスのギャップに「早く先が見たい!」と思わせます。

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第2話

ワンダヴィジョン第2話

ポイント

・見ていられないぐらいふざけたビジョンのくだけっぷり

人工生命体のビジョンは普段は物を食べないのですが、ひょんな事からガムを飲み込んでしまい、回路がおかしくなってしまいます。

その状態のビジョンはまるで酔っ払った様な言動になり、見てるこっちが恥ずかしくなる程です。

今回も不意に挿入される不穏な空気ですが、突然ラジオから「誰の指示でやっているんだ」という意味深な言葉。

この言葉で「もしかしたらワンダ自身が何かしらをやっているのでは」と思わせます。

さらにラストシーンでは突然マンホールから養蜂場のような人が現れ、ますます意味が分からなくなります。

早く先が見たいです!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第3話

ワンダヴィジョン第3話

ポイント

・前半の茶番劇と後半の不穏な空気の急展開のギャップが激しい

何故か急に妊娠したワンダのつわりに振り回されるヴィジョン。

妊娠するはずのないワンダとあっという間に出産してしまう展開にさすがに「この世界は現実では無いんだろうな」と思わされます。

要所要所で気になるセリフもあり、何かがおかしい事を匂わせます。

仲良くなった近所の女性、ジェラルディーがピエトロの事を「ウルトロンに殺された」と言った瞬間不穏な空気が加速します。

ラストではどうやらワンダが支配する世界から追い出されたと思わせるようなシーンがあり「いったいどう言う事!」と早く次の話が観たい!と思わせる展開です!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第4話

ワンダヴィジョン第4話

ポイント

・ついに全貌が明らかに

今までの回とは違い、現実世界であろう病室のシーンからスタート。

消滅した人達が戻ってきた「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界という事がわかります。

ついに全貌が明らかになってきて、今までの話はやはりワンダが作り出した世界での話という事でした。なぜそんな事をしているかはまだ不明です。

今までの不可解な出来事の裏側がわかる回で目が離せない展開へ!

「アントマン」のウー捜査官や「マイティ・ソー」のダーシー・ルイスなど、今までの作品で脇を固めていたキャラクター達が活躍するところも胸が熱くなります!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第5話

ワンダヴィジョン第5話

ポイント

・なんとピエトロが登場!

しかも「X-MEN」の方

急展開の5話目。

ワンダが街ごと隔離して自分の思いのままにしている事が判明、ヴィジョンもその事に気づき始め、ワンダへの不信感が高まっていきます。

不信感が最高潮になり、言い争うワンダとヴィジョンの元にまさかの訪問者が登場!

なんと死んだはずのワンダの双子の弟「ピエトロ」

しかも「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でのアーロン・テイラー=ジョンソンではなく、「X-MEN/フューチャー&パスト」のエヴァン・ピーターズが登場します!

死んだはずのピエトロが登場するのも驚きですが、X-MENシリーズのピエトロだという事がもっと驚きです!

これはディズニーによる20世紀フォックスの買収によって「X-MEN」シリーズとマーベル・シネマティック・ユニバースの垣根が取り払われた事を意味していると思います!

いったいどうなる!早く次の回が見たいです!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第6話

ワンダヴィジョン第6話

ポイント

・ヴィジョンが外の世界へ

・ピエトロが違う理由はまだ不明

以前のピエトロとは違う理由はまだ判明せず物語は進みます。

ワンダ自身もなぜそうなったかわからない様子。

ワンダが作り出した世界、ヘックスが何かおかしいと気づき始めたヴィジョンは単独で街の外れまで行き、ついにヘックスの外に出ようとします。

ですがヘックスの外に出ようとするとヴィジョンは消滅してしまう様です。

それに気づいたワンダがヘックスの範囲を広げ始め、現実の世界を次々に幻想の世界へ変えていきます。

広がり続けるヘックスから車で逃げるシーンは手に汗握ります。

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第7話

ワンダヴィジョン第7話

ポイント

・アグネスが魔女?

ヘックスの範囲を広げてからは、物が急に変わるようになり、不安定になった世界。

この状態はワンダにも理解不能の様子。

そこへ自力でヘックスの中に入り込んだモニカがワンダと対峙するも邪魔者として扱われてしまいます。

要所要所で登場人物へのインタビューの様子が映され、これまでとまた違った演出で物語は進みます。

ラストにはまた新たな事実がわかります。

陽気なご近所さんのアグネスがまさかの魔女だったという設定です。

次から次に新たな展開で目が離せません!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第8話

ワンダヴィジョン第8話

ポイント

・ワンダの過去

・ヘックスの成り立ち

・ヴィジョンのこれから

突然正体が明らかになった魔女のアグネス。

ドラマの設定と思いきや、どうやら本物の魔女の様です。

とても強力な魔術を使うワンダの事を調べているという事で、彼女の過去を探りに行きます。

子供の頃のワンダの幸せそうな家族のシーンは胸にジーンときます。

今まで詳しく語られなかったワンダの過去を知る事で、彼女の孤独さが身に沁みます。

今回の回でヘックスがどの様に作られたかがわかります。

またソードの長官が何を計画していたかもわかる回です。

この後ヴィジョンはどうなってしまうのか!

アグネスとはどうなるのか!

目が離せません!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。第9話(最終話)

ワンダヴィジョン第8話

ポイント

・スカーレット・ウィッチの覚醒

・ヴィジョンはどうなった

・モニカのこれから

「ワンダヴィジョン」はホームコメディ風に物語が進んでいたので、ヴィランが登場するという事をすっかり忘れていました。

最終話はまさにマーベル・シネマティック・ユニバースというべくアクションシーンの連続です。

アグネスとの戦いの中でワンダは本当の力「スカーレット・ウィッチ」として覚醒します。

覚醒するシーンは「X-MEN」のジーン・グレイがダーク・フェニックスとして目覚める姿を彷彿とさせます。今後スカーレット・ウィッチとして波乱を呼びそうな予感もします。

ソードが進めていたヴィジョン復活計画、復元されたヴィジョンはワンダが作り出した幻覚ヴィジョンとの戦いの中で過去の記憶を知る事になります。その後、復元ヴィジョンはどこかに行ってしまい、いったいどうなったのかは不明です。

またモニカもワンダの子供を守る為に不思議な力が覚醒します。

エンドロール後のおまけ映像ではスクラル星人がモニカを宇宙へ連れて行くと言うシーンがあり、今後も目が離せません!

 

【レビュー】ワンダヴィジョン感想。まとめ

ワンダヴィジョン

ポイント

・1話〜3話は我慢の時期、4話以降は次の回が見たくて止まらなくなる

・「X-MEN」とのクロスオーバーを示唆するエヴァン・ピーターズの登場

・モニカの今後に期待大

第1話〜第3話までは何が起きているのか訳が分からず、ワンダとヴィジョンの妙なテンションにちょっと引きますが、第3話のラストから一気に物語の全貌が明らかになってきて目が離せなくなります。

 

第5話のラストでまさかの「X-MEN」の方のピエトロが登場したのには驚きました!

今作では直接「X-MEN」とのクロスオーバーに言及するシーンはありませんでしたが、今後の展開に期待大です!

 

今作の主要キャラクターのモニカは、「キャプテン・マーベル」に登場したキャプテン・マーベルの親友マリア・ランボーの娘という事です。

しかも原作では2代目キャプテン・マーベルという事なので今後の活躍に注目が高まります!

 

エンドロール後のおまけ映像ではワンダの中で覚醒したスカーレット・ウィッチが何やら企んでいる様子なので、こちらもまたひと騒動起こしてくれそうで胸が高まります。

 

以上より「ワンダヴィジョン」は今までのマーベル・シネマティック・ユニバースとは雰囲気が違う作品となっており、最初はとっつきにくいかもしれませんが、まずは第3話まで見て頂きたいと思います。

今後のマーベル・シネマティック・ユニバースにも繋がる重要な作品となっています。

まだ観ていない方は是非ともご覧下さい!

-スカーレット・ウィッチ

Copyright© リンスカのマーベル日和 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.